堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【ビザ・在留資格】申請が不許可となってしまったら

2013-06-20

こんにちは。
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。


本日、ご自身で永住ビザの申請をされて、
残念ながら不許可になってしまった方からのご相談がありました。
できれば、ご自身で申請される前に、
一度、相談だけでもして頂きたいのですが、
不許可となってしまってから相談される方が大半です。


ただ、今回の相談者様は、遠方の方でお電話でのご相談でしたので、
一般的な回答をさせて頂いた上で、
お近くの専門家に直接相談するようお伝えさせて頂きました。
ウチの事務所でお話しをお伺いできれば、よかったのですが…


さて、申請が不許可になってしまっても、
多くの場合、再申請は可能です。


しかし、不許可理由を詳細に入国審査官から聞いた上、
入管法や審査基準、内部通達を理解して、
書類作成や資料収集を行わなければ、
再度、不許可になってしまう可能性があります。


不許可理由がきちんと克服されていなければ、
何度申請しても同じことです


ですから、不許可になってしまった場合には、
必ず、行政書士の事務所に出向いて直接相談されることをお勧めします。


場合によっては、時間をおいてから
申請するよう諭される場合もあるかもしれませんが、
それが正しい方法でもあります。


入国審査官の調査は、非常に厳しいものがありますので、
ビザの申請は、慎重で正確に行わなければなりません。


下記にビザが不許可になった場合の弊事務所作成ページを掲載しますので、
こちらのページも参考にしてください。
>> ビザ申請が不許可・不交付になってしまったら


  ★外国人ビザ・帰化申請専門サイト(こちら↓をクリック!)
大阪・和歌山 ビザ・帰化申請支援センター
行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。