堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【ビザ・在留資格】中国の方の永住許可申請

2013-06-25

こんにちは。
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。


ここ最近、立て続けに中国人の方から、
現在のビザから「永住者」ビザへの変更についてのご相談がありました。
おひとりは、既にご自身で申請されて不許可となってしまった方、
もうひとりは、これから申請を考えている方からでした。


前者については、不許可の理由や申請内容から
現状では、再申請しても難しいであろうことから、
少し期間をおいてから再申請にチャレンジすることを提案しました。


後者については、そもそも永住の要件を満たしていないため、
今後、どうすれば永住の要件を満たせるのかについて
お話しさせて頂きました。


「永住者」ビザは、日本にずっと住み続けたいと考えている
外国人の方がもっとも憧れるビザですが、
それだけに簡単に許可が下りることはありません。


長く日本に住んでいると永住がほしいと思いますが、
きちんと要件を理解して、それを満たす書類を用意して
永住許可申請に臨まないといけません。


単に、日本に来てから10年が経過していれば、
永住が取れる!」と考えている外国人の方も多いのですが、
10年はひとつの基準であって、
他にもチェックすべきところがたくさんあります。


1人1人、日本に来てから今まで辿ってきた経緯が異なりますので、
しっかりお話しを聞かなければ、分からない部分も多いです。


特に、中国人の方の場合には、
就労系の在留資格から永住の許可を受けるのは、
かなり大変なことでもあります。


ですから、少しでも不安な点があるのであれば、
お近くの行政書士に相談だけでもされることをお勧めします。



下記にビザが不許可になった場合の弊事務所作成ページを掲載しますので、
こちらのページも参考にしてください。
>> ビザ申請が不許可・不交付になってしまったら


  ★外国人ビザ・帰化申請専門サイト(こちら↓をクリック!)
大阪・和歌山 ビザ・帰化申請支援センター
行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。