堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【許認可】大阪の民泊(外国人滞在施設経営事業)条例について

2016-01-12

こんにちは。
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。



増加する外国人旅行者の宿泊施設を確保するため、
マンション等の空き部屋を活用するいわゆる「民泊」を認めよう
とする動きがあります。



通常、ホテルや旅館を経営するためには
旅館業法に基づく許可を受ける必要があります。



マンション等を旅行者に有償で貸し出す行為
旅館業法により認められていません。



しかし、外国人旅行者の急増により、
大阪や東京のホテルでは、稼働率が80~90%になるなど、
予約が取りにくい状況になっています。



そこで、国家戦略特区の特例を活用し、
条例」の制定により一定のルールのもとで事業を認めようと
大阪で全国初の条例案が可決されました。



本条令に定められた要件をクリアすることにより、
旅館業の許可を得なくても
民泊ビジネスを行うことが可能となります。


大阪府では、現在、来年4月の施行に向けて、
ガイドライン」の作成を行っているところです。


但し、保健所設置市である大阪市、堺市、
東大阪市、枚方市、高槻市、豊中市
においては、
当該市において独自の条例を制定する必要があるため、
現在では未定となっております。


大阪府の民泊条例及び許可要件の概要について


(1)事業の用に供する施設をしようさせる期間(大阪府条例第2条)

 最低滞在日数6泊7日


(2)施設の設備要件

 ・賃貸借契約及びこれに付随する契約に基づき使用させるものであること
 ・一居室の床面積は25㎡以上であること
 ・出入口の窓は、鍵をかけることができるものであること
 ・出入口及び窓を除き、居室と他の居室、廊下等との境は、壁造りであること
 ・適当な換気、採光、照明、防湿、冷暖房の設備を有すること
 ・浴室、洗面、トイレ、寝具、調理、収納、清掃のための設備・器具を有すること
 ・施設の使用の開始時に清潔な居室を提供すること
 ・施設の使用方法に関する外国語を用いた案内のほか、緊急時対応、外国人旅客との契約に基づく
  役務を提供する体制が確保されていること


(3)民泊許可の申請書類

 ①申請書
 ②定款又は寄附行為及び登記事項証明書(法人の場合)
 ③住民票の写し(個人の場合)
 ④賃貸借契約及びこれに付随する契約に係る約款
 ⑤施設の構造設備を明らかにする図面


(4)立入調査等(大阪府条例第3条)

 知事は、職員に認定事業者の事務所又は外国人滞在施設に立ち入り、又は関係者に質問させること
 ができる。


(5)手数料(大阪府条例第4条)

 新規認定  21,200円
 変更認定  10,500円 


大阪府からの「ガイドライン」が作成されるまでは、
具体的な要件が定かではない部分がありますが、
概ね上記の内容がまとめられることと思われます。



弊事務所でも民泊許可に関する手続きを代行致しますので、
ぜひ、弊事務所へご相談ください。
(但し、施行予定は平成28年4月1日となっております)


詳しくは、こちらのサイト及び資料もご確認下さい。

  ≫ 国家戦略特別区域における旅館業法の特例について(厚生労働省)
  ≫ 国家戦略特別区域法における旅館業法の特例の施行について(厚生労働省)
  ≫ 国家戦略特別区域法における旅館業法の特例への対応について(警察庁)
  ≫ 大阪府国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業条例案の概要について


  ★許認可手続き専門サイト(こちら↓をクリック!)
under
行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市



「行政書士中村法務事務所公式ブログ」 の最新の投稿

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。