堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【会社設立】法人が発起人となる場合の注意点

2014-11-03

先日、株式会社を設立されるお客様と
打ち合わせをさせて頂きました。
今回お手伝いさせて頂く会社の発起人は「法人」でした。



会社の設立を企画し、
具体的に設立手続きを行う方のことを「発起人」といい、
定款に発起人として署名押印し、
株式の引き受けを行い、出資をします。



発起人になれる資格については、特に制限はなく、
未成年者や法人でも発起人になることが可能です。
(ただし、未成年の場合は保護者の同意が必要で、
印鑑登録のできない15歳未満の方は発起人になれません。)



法人」が発起人になることは問題ないのですが、
ただ、法人発起人の場合には、次の点に注意する必要があります。



 ① 設立する会社の事業目的と発起人である会社の事業目的が類似している必要がある
 ② 定款認証の際、法人の「印鑑証明書」の他に「履歴事項証明書」が必要となる



①については、定款記載の事業目的の一つでも重複していなければ、
公証人の認証が受けられない可能性があります。
法人に認められる権利能力は、
その法人の定款に記載されている目的の範囲内に
限定されているからです。



とはいえ、一言一句すべて同じである必要はなく、
発起人となる会社の事業目的と新たに設立する会社の事業目的の記載を比較し、
発起人となることが会社の事業目的の範囲内であると
客観的に判断できれば定款認証は可能だとされています。



ご自身で判断がつかなければ、
まずは、お近くの公証人に確認してみて下さい。



弊事務所会社・法人設立案内ページ
>> 会社/法人設立・変更手続きサービス


行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

行政書士中村法務事務所お問い合わせフォーム

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。