堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【会社手続】現行定款の作成方法

2014-11-28

許認可の手続きをする場合、
現行定款」を提出しなければならない場合
があります。


許認可をご依頼頂く場合には、必ず、
その会社の「登記事項証明書」と「現行定款」を確認させて頂いているのですが、
定款を拝見させて頂けますか?」とお尋ねすると、
大抵の場合、
あれ~、定款どこだったけな…。あっ、あった。あった。はい、これ。
とみせてもらってみると、現状にあっていない…


そこで、許認可を申請する前に、
現行定款」を作成するという作業が入ってきます。


定款」は、会社の「憲法」とも言われるもので、
会社にとって、最も重要な根本原則です。
それなのに、この定款の存在感のなさにビックリです。


現行定款」というのは、
現時点で有効な内容の定款のことをいいます。


株主会社を設立する際には、
定款を作成して公証人に認証をしてもらいます。


そして、公証役場で認証文と認証印をついた
定款を受け取ります。


これは、「原始定款」といわれるものですが、
会社設立後に定款の内容を変更していないのであれば、
この「原始定款」が「現行定款」ということになります。


しかし、本店を移転したり、役員の任期を伸長したり、
事業目的の追加変更を行ったりと、事業展開によって
定款はその内容を次々と変えていきます。


定款の変更は、株主総会の決議事項となっておりますので、
決議した内容を「株主総会議事録」に記載して記録として残します。
登記事項については、変更後一定の期間内の登記も必要です。


そして、「原始定款」に、この「株主総会議事録」を綴ったものが
現行定款」となります。
これが、「現行定款」の本来の形です。


しかし、何度も定款を変更している場合には、
変更の変遷が分かりにくくなりますので、
通常は、定款を変更した際に、
現行の内容に打ち直した定款を作成します。


そして、この打ち直しをした定款の末尾に

 以上、本書面が株式会社○○○○の現行定款であることを証するため、代表取締役○○○○が、記
 名押印する。

 平成○○年○○月○○日

 大阪府泉佐野市葵町○丁目○番○号
 株式会社○○○○
 代表取締役○○○○  (代表者印)


と記載します。


これも、「現行定款」となります。
この「現行定款」は、公証人の認証は必要ありません。


弊事務所を通じて、
定款変更や提携司法書士への登記の橋渡しをさせて頂く場合には、
弊事務所で現行内容の定款の打ち直しをさせて頂いております。


しかし、許認可から関与させて頂くお客さまの中には、
現行定款に打ち直しをしたものまでお持ちでない
お客様もけっこう多いくいらっしゃいますので、
このような内容の記事を書いてみました。


定款の内容を変更するケースというのは、
登記事項絡みということが多いのですが、
登記に必要なのは変更した際の「議事録」だけで、
「現行定款」までは必要ではないですから、
そこまでは作成していないことが多いようです。


中には、「原始定款」も紛失されているお客様もいらっしゃいますが
それについても、同じ方法で定款を復元させることができます。


ただし、「定款がない」ということは
内容が分からないということでもありますので、
その場合は、新たに作り直す必要があるでしょう。


登記事項については既に登記されていますので、
登記事項証明書を取り寄せて、
その事項は登記内容通りに作成すれば問題ありません。


そして、最後に株主総会の承認を得ておきます。
こうしておけば、大きな支障は出ることはありません。


はじめにも書きましたが、定款は会社の重要事項を定めたものですので、
定款や議事録が手元に残っていない場合には、
お近くの行政書士又は司法書士にご相談ください。



弊事務所会社・法人設立案内ページ
>> 会社/法人設立・変更手続きサービス


行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

行政書士中村法務事務所お問い合わせフォーム

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。