大阪・堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市対応の行政書士中村法務事務所

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【離婚相談】相手方が作成した離婚協議書のチェック

今年に入って、離婚関連業務の受任件数は少なかったのですが、
先月末から今月にかけて、立て続けにご依頼がありました。
そのうちの1件で、
相手が依頼した行政書士の作成した公正証書の原案を確認してほしい
というご依頼がありました。



中立の立場での作成とのことで、
いろいろとアドバイスをくれるのだが、
相手側の依頼した行政書士なので、どうしてもその作成した文書では不安がるとのこと。



私が依頼された場合であっても、
依頼者に少しでも有利になるようにしたり、後々困らないように工夫したりと
中立の立場での作成とはいってみても、
依頼者側に有利になるように作成せざるを得ないということは否めません。
お子様のことについては、お子様が困らないことを第一に、
依頼者を説得することはありますが…



そこで、ご自身では契約書の内容やどのようなリスクがあるのかについて
よくわからないという方に対して、
相手方が作成した書面のチェックサービスを行っています。



特に、離婚協議書の場合、
その中に誠実協議条項が記載されていることがよくありますが、
実際には、離婚後に元夫婦同士が改めて話し合いをするということは
子供のこととはいえ、新しい生活もあり非常に難しいと思います。



ですから、基本的には、離婚協議書の中に記載されていることが
すべてだと考えなければなりません。
それだけに、詳細までしっかりと取り決めて、
離婚協議書を慎重に作成する必要があります。



公正証書にしたとしても、
それだけで、養育費が100%支払われることが保証されるわけではありません。、
必要な事項が記載されていなければ、ただの紙切れと同じです。



自分のことは自分で守る必要があります。
ご自身では分からないことは、多少費用がかかっても
専門家に任せるべきだと、私は思います。



  ★離婚協議書作成専門サイト
rikon_under

行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について


業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




バナー
バナー
バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。