堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【相続手続】相続人が海外(外国)にいる場合の遺産分割

2015-02-18

こんにちは。
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。



先日、相続のお手続きをさせて頂いたお客様についてなのですが、
相続人の中のお一人に、海外に居住されている方がいらっしゃいました。



亡くなられた方の財産の相続手続を行うにあたって、
遺言書が残されていない場合には、
遺産分割協議書が必要となります。



この遺産分割協議書には、
相続人全員の署名実印での押印
さらに印鑑証明書の添付が必要となります。



しかし、一部例外の国もあるのですが、
海外では印鑑を登録する制度はなく、
海外に居住されている相続人については、
印鑑証明書を遺産分割協議書に添付することはできません。



そこで、海外に居住されている日本人の方が、
相続手続を行うには印鑑証明書に代えて、
居住地の日本領事館から
サイン証明書」を受ける必要があります。



 ①パスポートを持参の上、遺産分割協議書にサインをしないで日本領事館に出向く。

 ②領事の面前で、遺産分割協議書に署名及び拇印(押捺)をする。

 ③遺産分割協議書に、領事の「本人の署名及び拇印に相違ない。」旨の認証分を奥書してもらう。


 ※日本に一時帰国している場合には、日本の公証役場で認証してもらうことも可能です。



また、海外在住の相続人が不動産を相続して名義人となる場合には、
在留証明書」を受ける必要があります。



不動産を相続する場合には、
名義人となる方の住所を証明する書類として住民票が必要となりますが、
海外在住の場合には住民票は発行されません。



「在留証明書」は、その住民票の代わりとなる書類で
日本領事館で取得が可能です。



幣事務所では、遺言・相続・成年後見制度などに関する
無料相談を行っております。



どんな些細なことでもかまいませんので、
心に引っかかっていることがありましたら、
ご遠慮なく、ご相談下さい。


     ★相続手続き専門サイト(こちら↓をクリック!)
  泉佐野 相続手続相談室
行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について


業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。