堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【契約書作成】請負契約なのか?委任契約なのか?

2014-10-21

本日は、先日ご依頼を頂きました建設業許可申請の書類が揃いましたので、
お客様のところまで押印して頂きに行ってきました。



いろいろお客様と話している中で、
元請業者様と交わされている「業務委託契約書」についてのご相談を受けました。
「業務委託契約書」の「委託」とは、
他人に依頼して何かを代わりにやってもらうことですが、
主に「請負」と「委任」の2つの意味があります。



「請負」は、民法632条に規定されているとおり、
当事者の一方(請負者)がある仕事の完成を約し、
相手方(注文者)がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを
内容とする契約のことをいいます。



「委任」の方は、民法634条に規定されており、
当事者の一方(委任者)が法律行為をすることを内容とする
契約のことをいいます。
法律行為以外の事務を委託することを「準委任」といいますが、
ここでは、「委任」の中に含まれるとお考えください。



どちらも何かを代わりにやってもらうということでは共通していますが、
両者の違いは、仕事の完成義務を請け負うのかどうかで異なります。



「請負」については、仕事を完成させる義務を負い、
成果物を引渡したり、業務を完成させなければ、
報酬を得ることはできません。
債務不履行責任という重い責任も負います。
建設工事の受注は、一般的には請負契約となります。



「委任」の場合は、仕事の完成義務までは負わず、
委任された仕事を善良な管理者の注意義務で行えばよく、
仕事の完成義務までは負いません。



そこで、お客様のご相談は、
「請負」であるはずなのに、契約書の内容を見てみると、
委任契約とも雇用契約とも取れるような内容になっているということで、
後々、問題にならないかと心配をされてのご相談でした。



今回のご相談のケースとは逆に、
契約内容は業務委託(請負契約)とされているが、
実際には指揮命令があり、労働者性が認められるケースも多くあります。
故意なのか、誤った認識によりそうなってしまっているのかは分かりませんが、
専門家に相談の上で行わないと、大きなリスクを負うことになるかもしれませんので、
気を付けなければならないところです。



こちらの書籍が参考になります!
  


弊事務所契約書作成案内ページ
>> 契約書作成・リーガルチェック


行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

行政書士中村法務事務所お問い合わせフォーム

行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。