大阪・堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市対応の行政書士中村法務事務所

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【農地】農地への太陽光発電設備の設置

こんにちは、
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。


最近は、太陽光発電設備工事の請負で500万円を超える場合、
どのような業種の建設業許可が必要なのか?」というご質問を
非常に多く頂きます。


その中でお話しを伺っていると、
耕作放棄地や遊休農地等の活用で「農地に太陽光発電設備を設置する
というケースが、和歌山県内の事業者様からよく聞きます。


農地を農業以外の目的でしようとする場合には、
農地法4条又は5条の許可が必要となります。
その農地が、「市街化区域」内にあれば、
許可ではなく、届出をすることで済むようになります。


上記は、農地を転用して、太陽光発電設備を設置するケースですが、
状況によっては、許可が下りないこともあります。


そこで、近年では、農地に支柱を立ててその上にパネルを取り付け、
農地上の太陽光を利用することで、農業と太陽光発電を両立させる
ソーラーシェアリングが増えてきているようです。


農林水産省でも、このような方式で、太陽光発電設備を設置する場合には、
次のような要件の下、条件付きで農地転用を認めています。


1.支柱の基礎部分について、一時転用許可の対象とする。一時転用許可期間は
  3年間(問題がない場合には再許可可能)。
2.一時転用許可に当たり、周辺の営農上支障がないか等をチェック。
3.一時転用の許可の条件として、年に1回の報告を義務付け、農産物生産等に
  支障が生じていないかをチェック。


詳しくは、こちらのページをご覧ください。
>> 支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて(平成25年3月31日付け24農振第2657号)


農業だけで収益を上げることが難しくなってきていますので、
このような設備を設置することにより、売電収入も見込めます。
うまく機能させれば、農家の収益アップに効果が期待できます。


どちらかというと、既に農業をやっていなくて、
持て余している遊休農地を有効活用されたい方が多いことは思います。


しかし、農業を継続されている方にとっては、初期投資は必要ですが、
売電収入を得ることで、農家の収入が増え、
後継者不足や耕作放棄地の解消に少しでもつながるのではないかと思います。


行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

行政書士中村法務事務所お問い合わせフォーム

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市

 

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
info@nakamura-houmu.com
9:00~20:00(日・祝除く)

Categories

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。