堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の改訂

2013-09-07

こんにちは、
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。



経済産業省では、
インターネット通販等の電子商取引、情報財取引等に関する様々な法的問題点について、
民法をはじめとする法律がどのように適用されるのかを明らかにし、
関係する方々の予見可能性を高めるために、
電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を公表しています。



今般、その改訂版が公表されました。


改定内容は次のとおりです。
 ○新たな裁判例に伴う修正
  ・インターネットと肖像権・パブリシティ権等に関する論点の修正
  ・電子商店街(ネットショッピング)運営者の責任に関する論点の修正
  ・CGM(Consumer Generated Media)サービス提供事業者の違法情報媒
   介責任に関する論点の修正
  ・インターネット上への商品情報の掲示と商標権侵害に関する論点の修正


 ○著作権法改正に伴う修正
  ・著作物の写り込みに関する論点の修正
  ・インターネット上の著作物の利用に関する論点の修正
  ・違法ダウンロード刑事罰化に係る規程の整備


 ○その他軽微な修正



電子商取引及び情報財取引に関する準則」は、
インターネットを使った電子商取引において
遵守すべき法律を横断的に総合的に理解するために、
非常に参考となる資料です。



インターネットによる情報発信や集客に
重きを置いている弊事務所でも
参考にさせて頂いている資料です。



改訂版は、332ページとかなりのボリュームがありますが、
目次からご自身の事業に関連する項目を確認し、
そのページを参照する方法で利用するとよいでしょう。



「電子商取引及び情報商材取引等に関する準則」参照URL(経済産業省)

  >> 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました
  >> 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」について
  >> 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」(本文)


行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について

行政書士中村法務事務所お問い合わせフォーム

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。