堺市・和泉市・岸和田市・泉佐野市など南大阪・和歌山の法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続に関する書類作成やご相談は行政書士中村法務事務所へ

堺市・和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・南大阪・和歌山・法人設立・許認可申請・企業法務・契約書作成・外国人雇用・ビザ・遺言・相続手続きは行政書士中村法務事務所へ

メインイメージ
画像
法人・個人事業主様へ
お忙しい事業主様の負担を少しでも軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
個人・外国人の方へ
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
ブログ
行政書士のことを知って頂くために、業務や日常について情報発信しています。

【建設業許可】電気工事業者の登録について

2015-09-15

こんにちは。
大阪府泉佐野市の行政書士の中村です。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。



弊事務所では、電気工事業をされているお客さまから
建設業許可のご依頼を承ることが多いのですが、
許可とは別に「電気工事業者」の登録が必要であることを
ご存じでない方がたま~にいらっしゃいます。



細かいところはこちらでは書きませんが、
一定の条件の電気工事を施工する場合には、
電気工事業の業務の適正化に関する法律」に基づき、
電気工事業者」の登録を行わなければなりません。



意外とこのことを知らない
又はあまり気にされていない
事業者さんもけっこういらっしゃいます。



電気工事を行うのであれば、
大抵の工事は電気工事業の登録を受けていなければ
施工できない工事に該当します。



電気工事業の登録を行うには、
主任電気工事士」の登録が義務づけられているのですが、
「主任電気工事士」となるには、
第一種電気工事士又は第二種電気工事士の資格が必要で、
第二種電気工事士の場合は、3年の実務経験が必要とされています。



この3年の実務経験を
実務経験を積んだ会社から証明してもらうのですが、
証明する会社についても当然ながら「電気工事業者」の登録が
行われている必要があります。



また、電気工事業で建設業許可を取得する際にも、
専任技術者」の配置が義務づけられており、
この「専任技術者」も上記「主任電気工事士」と同じ方が
なることができます。



こちらでも、第二種電気工事士が専任技術者となる場合には、
3年の電気工事の実務経験があることが必要となります。



この証明も「電気工事業者」の登録を受けている
会社からの証明を受けなけらばなりません。


いくら、自社で電気工事を行っていたとしても、
「電気工事業者」の登録を行っていなければ、
自社では証明することができません。



なぜなら、「電気工事業者」の登録を受けていない会社での
電気工事の経験があるということは、
その会社が違法営業をしていることを証明することに
なりかねないからです。



このように、電気工事業で建設業許可を
取得しようと考えている方については、
「電気工事業者」の登録を行っているかいないのかが
非常に重要となります。



というわけで、
まだ、登録されていない方は、
速やかに登録を行ってください。



  ★電気工事業者の登録について詳しくはこちら↓をクリック!

南大阪 建設業サポートデスク

行政書士中村法務事務所について 行政書士中村法務事務所の特徴
行政書士中村法務事務所業務案内 お問い合わせ・ご相談について


業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




「建設業サポート」 の最新の投稿

バナー
バナー

運営事務所概要


行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
行政書士 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)

バナー

事業内容

画像
お忙しい事業主様の負担を軽くすよう様々なお手伝いをしております。
画像
遺言や相続、協議離婚、外国人のビザに関するお手伝いをしています。
画像
行政書士の業務と日常について綴っています。